あがり症婚活について一緒に考えませんか?【あがり症対策コツ3つ】

この記事は約8分で読めます。

あがり症なので婚活パーティー、お見合いにいくのが怖いんです・・・。あがり症の人でも婚活パーティー、お見合いで話す方法を教えてほしい。

今回は、このような悩みにおこたえしますね。

☑本記事の内容

1.あがり症婚活について一緒に考えませんか?
 1-1:あがり症ってなに?
 1-2:わたしが失敗したアドバイス
2.あがり症対策の【3つのコツ】
 2-1:【あがり症対策①】複数の方法で勉強する
 2-2:【あがり症対策②】上手くやろうとしない
 2-3:【あがり症対策③】事前準備をしっかり

あがり症の人にわたしが実際におこなった【失敗したアドバイス】と、婚活パーティー、お見合いでお相手と話すための【3つのコツ】を紹介します。

この【失敗したアドバイス】と【3つのコツ】を紹介することによって、あがり症で「結婚したいけど人と話すのが怖い」「複数の異性がいるパーティーに行くのが怖い」という人が、ベストな婚活方法を理解できます。

現在婚活カウンセラーとしてわたしが運営する結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」の入会者さんにおこなっているアドバイスですので、真似するだけで効果があるはず。

「異性と話したいのに緊張してしまう」「ドキドキして上手に話せない」という人におすすめの記事となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

1.あがり症婚活について一緒に考えませんか?

あがり症婚活について一緒に考えませんか?【あがり症対策コツ3つ】

あがり症は人それぞれ違う症状が違います。 軽度から社会生活に支障をきたす重度のものまで様々です。

「人それぞれ違う」ということをきちんと理解しておかないと、わたしのように失敗してしまいますよ。

1-1:あがり症ってなに?

そもそもあがり症とはどういう症状なのでしょうか?

ノルアドレナリンがどうとかいう医学的な内容はここでは説明しません。

すごく簡単に解説すると、ようは「めちゃくちゃ緊張してしまう」ことをあがり症といいます。

人は誰でも緊張すれば、心臓が高鳴り、顔面は紅潮し、汗をかいてからだを硬く緊張させます。

あがり症の人はそうでない人よりも交感神経が敏感で、このような反応が少々強くですぎてしまうんですね。

1-2:わたしが失敗したアドバイス

あがり症の人にわたしがおこなったアドバイスで、これは「明らかに失敗だった」というものを紹介します。

実際にわたしがやってしまったダメ🆖カウンセリングですので、あがり症で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

☑「リラックスして」の声かけ

あがり症の人におこなった【失敗したアドバイス】1つめは、「リラックスしてくださいね」です。

だれも好きで緊張しているわけじゃないですよね。

そんな人に「リラックスしてください」なんて「人任せ」な発言は、婚活カウンセラーとしてあまりに無責任でした。

大変なお叱りをうけ、後日きちんと謝罪して理解していただきました。

無事に成婚退会されましたが、わたしのなかでは今でも「あれは最悪のカウンセリングだった」という印象が残っています。

☑場数を踏む

あがり症の人におこなった【失敗したアドバイス】2つめは、「場数を踏めばなんとかなる」です。

なぜ「場数を踏めばなんとかなる」が失敗したアドバイスなのか?

それは「話し方が上手になる」のと「あがり症が治る」のとは別問題だからです。

場数を踏んだからといって、それはあがり症の治療にはなりません。

もちろんそれで治る人もいますが・・・。 治る人もいるなんていういい加減な理由で婚活カウンセリングをしてしまいました。

「慣れてくるハズだから何度も練習してみましょう」なんていうのは、カウンセラーとしてあまりに無責任な発言です。

人それぞれ違うということをきちんと理解していない、これもまた「最悪のカウンセリング」ですね。

2.あがり症対策の【3つのコツ】

あがり症婚活について一緒に考えませんか?【あがり症対策コツ3つ】

あがり症の人に何度もアドバイスを失敗してきたわたしから、あがり症の人が婚活をすすめるためにできる対策【3つのコツ】を紹介します。

結論からいうと、これから紹介する方法は根本的なあがり症の解決にはなりません。

もしあがり症を治療したいという人は、あなたの望む情報は一切書いていません。

誠に申し訳有りませんが、戻るボタンを押してくださいね。

2-1:【あがり症対策①】複数の方法で勉強する

あがり症の人が婚活をすすめるためにできる対策、コツ①は【複数の方法で勉強する】です。

なぜ複数の方法で勉強する必要があるのか? 1冊の本を読むだけではダメなのか?

それは1冊の本を読んだだけでは、わたしのように「わかったつもり」になってしまうから。

あがり症は人それぞれ症状が違います。 軽度から社会生活に支障をきたすものまで様々です。

なのでまずは「わたしはどんなタイプのあがり症なんだろう?」ということをしっかり知ることがたいせつです。

そのためには複数の方法で勉強する必要があります。

☑【クリティカルシンキング(批判的思考)】でかんがえる

クリティカルシンキング(批判的思考)とは、主にビジネスでつかわれるかんがえ方です。

クリティカルシンキングであがり症をかんがえる最大のメリットは、物事の本質を見極めることができる点です。

「本当にこうかんがえていいのだろうか?」という客観的な視点で勉強することで、余計な知識がそぎ落とされ、あなたの本質的な部分に一番近いものが残ります。

あがり症について勉強し、まずは「あなた」のことを「あなた」が理解してあげてください。

あがり症の人が婚活をすすめるためには、まずは自分のことを知ることがたいせつです。

2-2:【あがり症対策②】上手くやろうとしない

あがり症の人が婚活をすすめるためにできる対策、コツ②は【上手くやろうとしない】です。

なぜ上手くやろうとしないことがたいせつなのか?

それは「上手くやって認められること」が目的とならないためです

あなたが今婚活をがんばっているのは「結婚して幸せになる」という目的があるから。

「上手く異性と話せるようになる」ではありませんので、上手に話せるようになる必要はありません。

たいせつなのは話の内容ではなく、お相手にあなたの想いが伝わること。

目的を間違わないためにも「上手にやろうとしない」ことがたいせつですよ。

上手に話せなくていいんですよ。たいせつなのは「あなたの想いが伝わる」ことですから。

2-3:【あがり症対策③】事前準備をしっかり

あがり症の人が婚活をすすめるためにできる対策、最後のコツ③は【事前準備をしっかり】です。

お相手となにを話せばいいのかわからないのであれば、事前に「なにを話すか」「なにを質問するか」決めておきましょう。

そのときたいせつなのは、お相手が「どういう返しをしてくるのか」を想像すること。

ここに事前準備の時間を8割つかってもいいぐらい、たいせつなポイントです。

☑お相手の返しを想像する

たとえばですが、お相手に「あなたの趣味はなんですか?」と質問します。

その質問にお相手は「わたしの趣味はなんちゃらかんちゃらで~。 学生のころからやっていて~」などと返します。

その後にお相手がいうのは、おおくの場合「あなたの趣味はなんですか?」となりますよね。

このように、どんな返しがくるか想像できる内容の質問をしましょう。

それはあなたの話す内容もおなじ。 お相手が「どんな返しをしてくるか」想像できる内容の話をしてください。

お相手の返しを想像できる話題を事前準備しておくことで、あなたとお相手の会話はよりスムーズなものになりますよ。

お相手の「返し」を想像して事前に話題を準備しておくことで、スムーズな会話ができますよ。

3.あがり症婚活について一緒に考えませんか?【あがり症対策コツ3つ】 まとめ

あがり症婚活について一緒に考えませんか?【あがり症対策コツ3つ】

あがり症の人への【失敗したアドバイス】を、前半ではわたしの経験から解説。

後半ではあがり症婚活への対策【3つのコツ】を紹介しました。

あがり症の人が婚活をすすめるためには、まずは自分のことを知ることがたいせつです。

上手に話せなくていいんですよ。たいせつなのは「あなたの想いが伝わる」ことですから。

お相手の「返し」を想像して事前に話題を準備しておくことで、スムーズな会話ができますよ。

あがり症は人ぞれぞれ症状が違います。

ですがしっかり勉強して事前準備をすることで、あがり症の人でもスムーズな婚活ライフを送ることができます。

まずはあなたのことを理解してあげること。 そこからスタートしてください。

最後にわたしが参考にした本をいくつか紹介しますね。

どの本も読みやすく、活字が苦手な人でも読める本ばかりですので「読むのがちょっと・・・」という人にはぜひおすすめします。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました