婚活で会話がより弾む魔法のあいづち【さしすせそ会話を紹介します】

この記事は約8分で読めます。

婚活で会話を楽しみたいのに、口下手で上手に話せません・・・。自分から積極的に会話できなくても、お相手との会話がはずむ方法はありませんか?

今回は、このような悩みにおこたえしますね。

☑本記事の内容

1.婚活で会話がより弾む魔法のあいづち
2.婚活会話【さしすせそ】で弾む 例文紹介

婚活で会話下手な人が、お見合い、パーティーで会話を弾ませるための【魔法のあいづち】を紹介します。

魔法のあいづちを紹介することで、会話下手な人でもお見合い、婚活パーティーでお相手との会話を楽しむ方法を理解できます。

現在結婚相談所カウンセラーとして、また婚活パーティー運営をしているわたしが実際に入会者さんにアドバイスしている内容になりますので、真似するだけで効果がでるはず。

「会話に自信がない」っていう人におすすめの記事となっています。ぜひ最後までご覧ください。

1.婚活で会話がより弾む魔法のあいづち

婚活で会話が下手な人のための魔法のワード画像

婚活で会話が【苦手な人】【口下手な人】はお見合い、婚活パーティーで無言になってしまいがちです。

そんな無言状態がイヤで無理やりお相手に話しかけてしまい、結局話しているのは自分だけ。

お相手からは「つまらない」「面白くない」なんて評価をされ、連絡先交換ができずに終了・・・。

これって実は、婚活ではありがちな話なんです。【口下手】で悩んでいるのは、なにもあなただけではありません。

1-1婚活会話は【魔法のあいづち】で攻略

婚活で会話が下手な人のための魔法のワード画像

婚活で会話下手な人はお相手からは「つまらない」「面白くない」なんて評価をされ、連絡先交換ができずに終了・・・。

これって実は、婚活ではありがちな話なんです。【口下手】で悩んでいるのは、なにもあなただけではありません。

事実わたしの結婚相談所に入会されている方でも、男女問わず【異性と話した経験がほとんどない】【緊張して上手く話せない】という悩み、失敗を聞きます。

ですが後半で紹介する【魔法のあいづち】を使えば、口下手な人でもお見合い、婚活パーティーで会話を盛り上げることができます。

婚活で会話を盛り上げる【魔法のあいづち】、それは5つのワード【さしすせそ】です。

»年収が低い人の3STEP

年収が低い婚活男性は、会話能力が重要になります。こちらの記事では、年収が低い人の【会話能力向上】【人に好かれる方法】を紹介しています。

2.婚活で会話がより弾む魔法の【さしすせそ】

婚活で会話が下手な人のための魔法のワード画像

婚活での会話は魔法のあいづち【さしすせそ】で解決します。

これから紹介する【魔法のあいづち】でたいせつなのは、お相手の話を受けて「あなたはどう感じたのか?」がきちんと伝わる言葉を選ぶことです。

慣れないうちは考えながらになってしまいますが、一度コツさえつかめばすごくかんたんにできるんですよ。

今回の記事では、すこしでもコツをつかみやすいように【オススメのタイミング】【例文】で解説します。

【会話が苦手な人】【口下手な人】には特におすすめですので、ぜひ最後までご覧くださいね。

☑話し方で得する人 損する人

「話し方の勉強をしたいけど、活字ばかりの本を読むのが苦手なんだよね・・・」

そんな「活字苦手」な人が話し方の勉強をするにあたっては、この1冊がベストです。

本書を読むにあたってのオススメポイントは、お相手からの【好印象度】と【悪印象度】をパーセンテージで紹介している点。

文字だけで解説されると理解しづらいですが、パーセンテージが書いてあると「ああ、こういう話し方はダメなんだな」と、スッとかんたんに理解することができます。

文字サイズも大きく、たいせつな部分は赤字で書かれていますので「本を読むのが苦手」「だけど話し方の勉強がしたい」っていう人は、ぜひ一度ご覧ください。

»気持ち悪い発言 ワースト1位はなに?

話し方で「なぜか損する」第一位の【気持ち悪い発言】については、こちらの記事で紹介しています。

2-1婚活会話①【さすがですね】

婚活で会話下手な人にオススメの【魔法のあいづち】、その①【さすがですね】を解説します。

【さすがですね】を使うオススメのタイミングは、お相手の話に【感嘆】したときです。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

最近サイクリングをはじめたのですが、練習してようやく30km走れるようになったんです。

さすがですね。
運動部の人じゃなかったらそれだけの距離は走れませんよ。

【さすがですね】のコツは、お相手が「自信を持ってできるようになったこと」「コツコツ継続してきたこと」などの話をしたタイミングで使いましょう。

慣れないうちは「へぇ、さすがですね!」で十分。

プラスワンの言葉として「あなたじゃなきゃできないですよ」まで言えれば、お相手からの印象は100点満点ですよ。

2-2婚活会話②【しらなかったです】 

婚活で会話下手な人にオススメの【魔法のあいづち】、その②は【しらなかったです】を解説します。

【しらなかったです】を使うオススメのタイミングは、お相手の話に【反復】するときです。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

この前料理をしようとクックパッドをみたときに知ったのですが、肉じゃがをつくるときにはこのタイミングで調味料をくわえるのがいいみたいなんです。

しらなかったです!
今度その作り方でやってみますね。

【しらなかったです】のコツは、お相手が「最近知った情報」「得意分野の情報」などの話をしたタイミングで使いましょう。

慣れないうちは「知らなかったです!」で十分。

プラスワンの言葉として「あなたとおなじようにやってみます」まで言えれば、お相手からの印象は100点満点ですよ。

2-3婚活会話③【すてきですね】 

婚活で会話下手な人にオススメの【魔法のあいづち】、その③は【すてきですね】を解説します。

【すてきですね】を使うオススメのタイミングは、お相手の話に【共感】したときです。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

先日海沿いをドライブしているとき、とってもキレイな夕日をみたんです。

すてきですね。
海沿いでみる夕日って、すっごくキレイですよね。

【すてきですね】のコツは、お相手が「感動した」「嬉しくなった」などの話をしたタイミングで使いましょう。

慣れないうちは「すてきですね」で十分。

プラスワンの言葉として「わたしもおなじ気持ちになります」まで言えれば、お相手からの印象は100点満点ですよ。

2-4婚活会話④【センスがいいですね】 

婚活で会話下手な人にオススメの【魔法のあいづち】、その④は【センスがいいですね】を解説します。

【センスがいいですね】を使うオススメのタイミングは、お相手の話を【称賛】するときです。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

このアクセサリなんですけど、先日友達と一緒に行った雑貨屋さんで買ったんです。

センスがいいですね。
どこの雑貨屋さんにいったんですか?

【センスがいいですね】のコツは、お相手が「◯◯を買った」「髪型を変えた」などの話をしたタイミングで使いましょう。

慣れないうちは「センスがいいですね」で十分。

プラスワンの言葉として「それってどこで買った(髪型の場合は”切った”)んですか?」まで言えれば、お相手からの印象は100点満点ですよ。

2-5婚活会話⑤【それはすごいですね】 

婚活で会話下手な人にオススメの【魔法のあいづち】、最後のその⑤は【それはすごいですね】を解説します。

【それはすごいですね】を使うオススメのタイミングは、お相手の話を【質問】するときです。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

この前ようやくTOEICで800点とれたんですよ!

それはすごいですね!
どうやって勉強したんですか?

【それはすごいですね】のコツは、お相手が「努力して成し遂げたこと」「苦労して達成したこと」などの話をしたタイミングで使いましょう。

慣れないうちは「それはすごいですね」で十分。

プラスワンの言葉として「どうやったんですか?」「どんな努力をしたんですか?」まで言えれば、お相手からの印象は100点満点ですよ。

婚活で会話がより弾む魔法のあいづち まとめ

婚活会話がより弾むあいづち

婚活で会話がより弾む【魔法のあいづち】を紹介しました。

前半では会話下手な人の悩みを紹介。

後半では【さしすせそ】会話を解説しました。

長々と解説してきましたが、婚活で【魔法のあいづち】を練習しコツコツ継続すれば、必ず結果はでます。

慣れないうちは【魔法のあいづち】だけで十分です。

慣れてきたらすこしずつ【プラスワンワード】をつけ加えていってくださいね。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました