婚活での「気持ち悪い発言」ワースト1位は何?【実例も紹介します】

この記事は約6分で読めます。

婚活で「気持ち悪い」発言があると聞いたのですが、それってどんな発言なんでしょうか?もしかしたら、わたしも言ってしまっているかも・・・。

今回は、こんな悩みにおこたえしますね。

☑本記事の内容

1.婚活での「気持ち悪い」発言 ワースト1位は何?
2.婚活での「気持ち悪い」発言 実例紹介

婚活での「気持ち悪い」発言、ワースト1位とその実例を紹介します。

ワースト1位のワードを紹介することによって、婚活中の方がどんな発言が「気持ち悪い」と思われるのか理解できます。

現在結婚相談所カウンセラーとして、また婚活パーティー運営者としてのわたしの意見なので、読んで気をつけていただくだけでも効果があるはず。

1.婚活での【気持ち悪い発言】ワースト1位は何?

婚活での【気持ち悪い発言】ワースト1位

婚活では「気持ち悪い」発言だと、お相手に不快感をあたえるワードがいくつかあります。

わかりやすいものだと「下ネタ」ですね。

「胸大きいね」「足きれいだね」なんて発言を初対面の人にいわれて、女性が「嬉しい!」「ありがとう!」なんていうはずありませんから。

ですが「下ネタ」よりも異性を不快にさせるワード、気持ち悪い発言があります。

【気持ち悪い発言】のワーストワード1位は【プライド】です。

☑婚活での【気持ち悪い発言】ワースト1位は【プライド】

婚活での「気持ち悪い」発言、ワーストワード1位は【プライド】です。

なぜ【プライド】が一番気持ち悪いと思われるのか?

理由はすごくシンプルで、プライド発言には【人をバカにする】【他人と比較する】イメージがあるからです。

ただでさえ「おれはすごい」「わたしはすごい」なんて発言を初対面の人にされても、だれも喜びはしません。

それにくわえて「あいつはブス」「わたしのほうが可愛い」なんて発言をされたら、聞いているこっちが不愉快な気分になりますよね。

【人をバカにする】【他人と比較する】発言は、婚活パーティーのような「男女が集まる場」では🆖です。

☑気持ち悪い発言は即刻やめる

婚活で「気持ち悪い」発言、ワーストワード1位は【プライド】だと紹介しました。

ここまで読んでくださった方で「あれ、おれってもしかして・・・」と思ったのなら、即刻そんな発言はやめること。

なぜなら、あなたは婚活パーティーの場で異性から「気持ち悪いやつ」と思われていたのですから。

☑超一流の雑談力

雑談の勉強においては、この1冊で十分です。

本書を使うにあたっての注意点としては、自分の雑談レベルをしっかり認識してから読むべきということです。

わたしがかんがえるベストな読み方は、まず「8章 今日から始める雑談トレーニング」を読んでください。

8章には【雑談のトレーニング方法】が書いてありますので、今のあなたができる雑談レベルを把握してください。

把握が終わってあらためて1章から読み始めると、雑談力がより鍛えられますよ。

»婚活男性で年収が低い人の戦い方

婚活男性で、年収が低い人はどう自分をアピールすればいいのかについては、こちらの記事で紹介しています。

2.婚活での「気持ち悪い」発言 実例紹介

婚活での【気持ち悪い発言】ワースト1位

婚活での「気持ち悪い」発言、ワーストワード1位は【プライド】だと紹介しました。

後半からはわたしが実際に婚活パーティーでみた、婚活パーティーに参加した相談所入会者さんから聞いた発言を紹介します。

「こんな発言する人いるの?」と思うようなものがあるけど、実際にあった発言です。

2−1:【気持ち悪い発言①】「今日来ている人って、おれ(わたし)以外ブサイクばっかりだよね」

婚活での「気持ち悪い」発言、1つめは「今日来ている人って、おれ(わたし)以外ブサイクばっかりだよね」です。

・・・いきなり強烈ですよね。 ですがこれは実際にわたしが婚活パーティーで聞いた発言になります。

わたしのときは若い20代男性がいっていましたが、女性でもこんな発言をする人はいます。

傾向としては、主に20代中盤〜30代中盤の男女に多い発言です。

「自分以外はブサイク」などの発言は、もちろんですがお相手になにもポジティブなイメージをあたえません。

「そうよね!あなた以外は全員ブサイクだわ!」なんていう返事を万が一にも期待していたのであれば、それは大間違い。

お相手はあなたが隣の席に移動したときに「ああ、わたしのこともいっているんだろうな」と思うだけですよ。

2−2:【気持ち悪い発言②】「職場ではこんだけ評価されてるんだよ」

婚活での「気持ち悪い」発言、2つめは「職場ではこんだけ評価されてるんだよ」です。

傾向としては、主に30代後半〜アラフィフ男性に多い発言です。

わたしの運営する結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」にかつて入会されていて、今は成婚退会された女性から聞いた発言になります。

こんな発言をしても、女性からは「仕事以外になにもないのかな?」「私生活でアピールするところがないのかな?」と思われるだけ。

こちらの発言も、婚活ではなにもポジティブな結果をうむことがない【ダメ発言】です。

»男性の自慢話は「つまらない会話」

自慢話が「つまらない」理由は、こちらの記事で紹介しています。

2−3:【気持ち悪い発言③】「自分に釣り合う人がいい」

婚活での「気持ち悪い」発言、3つめは「自分に釣り合う人がいい」です。

傾向としては、20代後半〜アラフォー世代の女性に多い発言です。

わたしの運営する結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」にかつて入会されている男性入会者さんから聞いた発言になります。

こんな発言をしても、男性からは「自分のことをどれだけ美人だと思っているのか」「男性を見下しているのでは?」と思われるだけ。

こちらの発言も、いったところでなにもポジティブな結果をうまない【ダメ発言】ですね。

3.婚活での「気持ち悪い」発言 ワーストワード1位は【プライド】 まとめ

婚活での【気持ち悪い発言】ワースト1位

婚活での「気持ち悪い」発言、前半は【プライド】が気持ち悪いといわれ理由を解説。

後半は「気持ち悪い」発言の実例を3つ紹介しました。

いずれの発言にも、お相手は不愉快な気分になるだけです。

たとえ発言を聞いているときは笑っていたとしても、内心では「こいつなにいってんの?」状態。

なにもポジティブな結果をうみません。

せっかくお金を払って参加婚活パーティーで、わざわざ「嫌われる発言」をする意味がわかりません。

最後まで読んでくださった人で「あれ、もしかして・・・」と思ったら、即刻【プライド発言】はやめること。

でなければ、あなたの思い描く【幸せな未来】はどんどん遠ざかってしまいますよ。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました