【婚活男性】お金をかけるべきポイント【必要経費5個を紹介します】

この記事は約10分で読めます。

婚活はパーティー参加費やアプリ登録費、お茶代やデート費などで、毎月小さな出費がポロポロとでます。それがストレスなんですが、婚活ではどこにお金をかけるべきなのか知りたいです。

いつ結婚できるのかわからない以上、婚活の「お金ストレス」はだれもが感じる悩みですよね。
今回は、婚活でお金をかけるべきポイント、必要経費を紹介します。

☑本記事の内容

・【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイント【必要経費】
  ①:婚活アプリ、結婚相談所の登録
  ②:お見合い、婚活パーティー参加費
  ③:【清潔感】をアピールできるスーツ
  ④:クリーニング、散髪などの【身だしなみ費】
  ⑤:お茶代、デート代
・【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイントまとめ

婚活ではどんなお金が【必要経費】なのか、お金をかけるべき5つのポイントを紹介します。

この5つのポイントを紹介することによって、婚活男性はどんなところにお金かければいいかを理解できます。

【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイント【必要経費】

【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイント

婚活中の男性は、なにかとお金がかかります。

それが生活ストレスになって婚活をあきらめてしまうのは、もったいないことです。

これから紹介する【お金をかけるべきポイント】は、実際にわたしが入会者さんに説明をして、納得→実践してもらっていることですので、真似をするだけでも効果がでるはず。

「お金ストレスで婚活がつらい」って人は、ぜひ最後までご覧くださいね。

①:婚活アプリ、結婚相談所の登録

婚活男性がお金をかけるべき1番のポイントは、婚活アプリに登録、結婚相談所に入会することです。

結論からいうと、婚活アプリ、結婚相談所の登録費は必要経費です。

なぜなら、婚活アプリや結婚相談所に登録することが、早期結婚への近道だからです。

ここにかかる費用も払えないなら、まずはしっかりお金をためるところからスタートしましょう。

☑婚活アプリ、結婚相談所の登録者数

婚活男性がかけるべきお金のポイントで一番たいせつなのは、婚活アプリや結婚相談所に登録することです。

その理由は、婚活アプリ、結婚相談所の利用者、登録者数にあります。

具体的な実例としては、こんな感じです。

Omiai(婚活アプリ):登録者数400万人
ペアーズ(婚活アプリ):登録者数1000万人
楽天オーネット(結婚相談所):会員数5万人
全国結婚相談事業者連盟:会員数2万8000人

婚活アプリで登録者数1位のペアーズは、なんと登録者1000万人オーバー。

東京都の人口927万人よりも70万人以上多い人数となっています。

ペアーズに比べると、結婚相談所では最大級となる楽天オーネットの5万人が少なくみえますが、これでも一つの町や市ぐらいの登録者がいることになります。

これだけの登録者数があるからこそ、婚活アプリ、結婚相談所への登録にはお金をかけるべきポイントなんです。

「お金がかかってイヤだ!お金を払うのはイヤだ!」という気持ちは一度捨てましょう。

☑婚活費用の実例

婚活中の男性がかけるべきお金のポイントは、婚活アプリ、結婚相談所への登録だと解説しました。

では実際に、婚活アプリ、結婚相談所ではどれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

婚活男性の料金(月会費やオプション等)はアプリや結婚相談所ごとに異なりますが、だいたい平均で3000円~10,000円前後が多いイメージです。

いくつかの実例を紹介しますね。

・Omiai:●月額1,950円~3,980円(税込) 1か月プラン~12か月プランまであり、プランごとに一括支払い。

・ペアーズ:●月額3,590円~●プレミアムオプション月額2,980円~●プライベートモード月額2,560円~

・楽天オーネット:●入会金30,000円(税抜)●活動初期費用は76,000円(税抜)● 月会費は13,900円(税抜)● 休止中の月会費は2,000円(税抜)

・ブライダルサロン 縁樹:●入会諸費用100,000円(税抜)●月会費5,000円~10,000円(税抜)●休止中は月額費0円(2ヶ月間のみ)

婚活アプリのOmiai、ペアーズと、結婚相談所の楽天オーネット、わたしの運営する結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」の料金表になります。

婚活アプリ、結婚相談所によっても金額はバラバラですが、婚活アプリのほうが結婚相談所より割安で活動できます。

「婚活でどこかに登録したい」「でも費用は安くすませたい」という人は婚活アプリ。

「費用は高くてもいい」「だけど、自分で何もかもやらなきゃいけないのは面倒」という人は結婚相談所。

このようなイメージで活動場所を選ぶのも一つの手ですよ。

☑登録料は必要経費

男性が婚活をしたいと思って入会したのであれば、これらのお金は必要な経費と考えましょう。

会社が事業を拡大するために新しい機材を買う、人を雇うなどするのと同じです。

「人生をより豊かにする」という目標を持って婚活をはじめたのに、それに必要なお金を削ってしまっては、あなたが望む婚活はできません。 

未来への投資と考えてください。

早期成婚を目指すなら、婚活アプリ、結婚相談所への登録は必須の時代になりました。
ここは必要経費と考え、あなたにあった婚活方法を選んでください。

②:お見合い、婚活パーティー参加費

婚活中の男性がお金をかけるべきポイントとして、早期成婚を目指すためには婚活アプリ、結婚相談所への登録料は必要経費だと解説しました。

これらの経費は、会社に当てはめると「事業拡大」「未来への投資」にあたります。

では、お見合い、婚活パーティーの参加費はどうなのでしょうか?

結論からいうと、お見合い、婚活パーティーの参加費は【必要経費】だけど、婚活状況に合わせて【計画的】にお金をかけるようにしましょう。

計画的なお金のかけ方をすることで、ストレスの少ない婚活ライフが送れるようになります。

☑婚活パーティー費用の実例

男性が婚活パーティーに参加するときには、どれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

ここではまず、わたしの加盟している【スマイルステージ】の婚活パーティー実例を紹介しますね。

スマイルステージ【香川県】男性:4,300円(早割・税込)〜5,000円(税込)

スマイルステージ【香川県】女性:無料(早割)〜1,800円(税込)

このような金額となっています。

こちらもパーティー運営会社ごとにバラツキはあるものの、男性の会費は女性よりも高いことがほとんどですね。

だいたいの目安としては、男性4,000円〜5,000円、女性は無料〜2,000円ぐらいだと覚えておいてください。

☑お見合い費用の実例

結婚相談所のお見合いには、1回につきどれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

お見合いの相場ですが、1回3,000円〜5,000円のところが多いですね。

わたしの結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」も、お見合いは1回5,000円で設定しています。

ただしお見合いの場合はちょっと特殊で、結婚相談所によっては「お見合い費無料」のプランを設けているところもあります。

わたしの結婚相談所でも、月会費1万円のプランでは「お見合い費無料」としています。

このようなプランを上手に使えば、お見合い費を節約することは可能です。

だいたいの目安としては、男女ともにお見合いは1回3,000円〜5,000円。 プラン次第では無料になるということを覚えておいてください。

☑必要経費だけど【計画的】にお金をかけて

男性のお見合い費用は3,000円〜5,000円、婚活パーティーの費用は4,000円〜5,000円だと解説しました。

婚活アプリ、結婚相談所の入会、月会費に比べると割安ですよね。

だからといって、一日に何件もお見合いを入れる、婚活パーティーに参加するなどの【無計画】なお金の使い方はやめましょう。

休みの日にガッツリ婚活をすすめたい気持ちもわかりますが、お見合い、婚活パーティーは「数撃てば当たる」ようなものではありません。

特にお見合いは、一日に何件も予定を入れても失敗するだけ。

婚活では失敗、挫折したときが一番ストレスがかかるタイミングです。

ストレスをためる原因となる失敗、挫折を減らすためにも、お見合い、婚活パーティーは1回ずつしっかりと集中することがたいせつです。

なので【計画的】なお金のかけ方がたいせつになってくるんですね。

»お見合いの失敗原因【ダメな行動3個】

お見合いが失敗する原因については、こちらの記事で紹介しています。

③:【清潔感】をアピールできるスーツ

婚活中の男性がお金をかけるべきポイント3つめは、男性の【清潔感】をアピールできる「スーツ」です。

なぜ服装、スーツにはしっかりとお金をかけるべきなのか?

それは、男性にとってスーツは【清潔感】をアピールできるポイントだからです。

また、女性は男性のスーツ姿に「仕事ができそう」などのポジティブなイメージを持っています。

ですから、セットアップ1万円のファストファッションスーツで十分ですので、私服ではなく、必要経費とかんがえスーツを購入することをオススメします。

こちらについては、別記事で詳しく紹介していますので、そちらを御覧ください。

»婚活パーティーの男性服装【コツ5個】

婚活パーティーだけでなく、お見合いにも使える服装のコツはこちらで紹介しています。

・④:クリーニング、散髪などの【身だしなみ費】

婚活で男性がかけるべきお金のポイント4つめ、クリーニング、散髪などの【身だしなみ費】について解説します。

なぜ、男性は【身だしなみ】にお金をかけるべきなのか?

それは、ポイント③で解説した【清潔感】が関係しています。

女性はお見合い、婚活パーティーで男性と話しながら、無意識に「この人とデートしたらどんな感じになるだろう?」とかんがえています。

そんな思考をよりポジティブな結果にするのが、男性の【清潔感】なんです。

【清潔感】をあげるためには、ワイシャツやスーツのクリーニング、髪型をととのえる散髪などの【身だしなみ】は欠かせません。

シワシワシャツの男性よりも、パリッとしたスーツを着た男性のほうが、より魅力的に見えますからね。

こちらについても、詳しくは別記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

»婚活男性にたいせつなのは【清潔感】

【清潔感】ある男性が婚活でどれだけ需要があるのか?について紹介しています。

・⑤:お茶代、デート代

婚活で男性がかけるべきお金のポイント5つめは、お茶代、デート代について解説します。

こちらはもう、説明は不要ですよね。

婚活の初期段階、連絡先交換後のお友達期間は男性が率先して払ってあげましょう。

「お金ないから、代わりに払ってください」
「ここはワリカンにしましょう」
「今日の晩ごはんはコンビニですませましょう」

こんなことを平気な顔していってこられると、どんなに魅力的な男性でも1000年の恋も冷めてしまいますよ。

もちろん「高級品をプレゼントする」「豪華なディナーに連れていく」なんてことをする必要はありません。

あなたの給料の範囲内で、無理のないデート、身の丈にあったデートで十分です。

なので、婚活の初期段階でお金をケチってしまうのはやめてください。

お茶代、デート代をだしてあげることが、あなたの【誠実】【男らしさ】をアピールするポイントにもなるのですから。

【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイント まとめ

【婚活男性】お金をかけるべき5つのポイント

婚活中の男性がお金をかけるべき5つのポイントを解説してきました。

絶対に覚えておいてほしいことは、婚活では【削ってはいけないお金】もあるということ。

「お金がかかってイヤだ!お金を払うのはイヤだ!」という気持ちは一度捨てましょう。

「必要なお金もあるんだ」と理解したら、婚活でのお金ストレスは9割削減できるといっても過言じゃないです。

なにが【ムダ】でなにが【必要】なのか。

そこをキッチリわけてかんがえることが、あなたのストレスのない婚活ライフにつながります。

会社、企業とおなじく、必要なところにはしっかりとお金をかけてください。
その分ムダなところ、削減できるところはしっかりと節約することが、あなたのスムーズな婚活ライフにつながりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました