婚活で「会話がつまらない」と女性が感じる話題【つまらないを避ける3ステップ】

この記事は約8分で読めます。

婚活で「会話がつまらない」と女性に言われてしまいました。
お見合い、婚活パーティーのときに、わたしが会社からどれだけ評価されているかについて、話をしたのですが・・・。

確かに、結婚相手の仕事ぶりが会社から評価されているかどうかは大切です。
ですが、それは「結婚するお相手が評価されているかどうか」です。
「婚活パーティー、お見合いで知り合ったお相手が評価されているかどうか」は、それとは全く別の話です。

お見合い、婚活パーティーで知り合ったお相手=結婚相手なんだから、会社から評価されているのは大事なのでは?

残念ながら、その認識は間違いです。
では今回は、会社からの評価と婚活についておこたえしますね。

☑本記事の内容

婚活中の会話に「職場での評価」は不要【STEP1】
「つまらない会話」は自分からしない【STEP2】
婚活中の会話には「謙虚さ」が必要です【STEP3】

婚活で「会話がつまらない」と言われないための【3STEP】を紹介します。

この【3STEP】を紹介することによって、婚活でどんな話題が「つまらない」評価を受けてしまうかを理解できます。

婚活で「会話がつまらない」と女性が感じる話題

婚活で「会話がつまらない」

婚活では「会話がつまらない」という理由で、お相手から連絡先交換を断られるケースが多々あります。

これは特に男性側に多い問題ですね。

そんな男性のつまらない会話の一つが【仕事自慢】です。

お見合い、婚活パーティーを運営していると、たまにですが「おれ、会社では最年少部長候補って言われてるんだよね」なんてアピールをしている人がいます。

そういった人は、お相手にどういう返事を期待しているのでしょうか?

それを聞いたお相手から「部長候補なんてかっこいい! 結婚して!」と言われたいのであれば、それは大間違いです。

もちろん、職場で評価されていることは「結婚相手」にとっては、とてもたいせつな要素となります。

ですが、お見合い、婚活パーティーは結婚相手を探す場所ではありません。

お見合い、婚活パーティーは「連絡先交換をしたい」「この人のことをもっと知りたい」と思えるお相手を探す場所です。

この認識のズレは特に男性に多く、お見合い・婚活パーティーでの的はずれなアピールへとつながる原因になります。

»お見合い中のダメな行動3選

お見合い、婚活パーティーで成婚率が下がるNG行動については、こちらの記事で紹介しています。

婚活中の会話に「職場での評価」は不要【STEP1】

婚活で「会話がつまらない」とされる話題の代表例は、男性は「仕事自慢」だと解説しました。

ではなぜ、仕事自慢が女性にとって「会話がつまらない」と判断されるのか?

結論からいうと、あなたの「仕事できるアピール」はあなたが所属する「組織内」でしか効果を発揮しません。

ですから、組織の外である婚活の場でいくらアピールしたところで、連絡先交換に結びつくわけではありません。

もちろん、会社から評価されているというのは素晴らしいことです。

評価されている=収入が安定している、というポジティブなイメージに繋がりますからね。 

しかし、繰り返しになりますが「仕事での立場・評価」「結婚するお相手」にのぞむ条件です。

婚活パーティー、お見合いは「連絡先交換をしたい」「この人のことをもっと知りたい」と思えるお相手を探す場所です。

その時点では、そのお相手が「会社からどれだけ評価されているか」は、そこまで重要ではありません。

【清潔感】【価値観】といった、お相手の人間的な魅力のほうが大切なんです。

婚活パーティー、お見合いで会社自慢、職場自慢をする時間があるなら、あなたの人間的な魅力をしっかりアピールしてください。

それができなければ、あなたはお相手から「仕事しかない人」という認識になってしまいますよ。

お見合い、婚活パーティーで大切なのは「あなたの人間的な魅力をアピールする」ことです。
仕事、職場の自慢しかできない人は、家庭を鑑みない「仕事人間」のレッテルをはられてしまいますよ。

»婚活には清潔感が大事

お見合い、婚活パーティーで大事な「清潔感」については、こちらの記事で紹介しています。

「つまらない会話」は自分からしない【STEP2】

婚活で「会話がつまらない」と言われる話題は、男性の【仕事自慢】だと解説しました。

婚活パーティー、お見合いは「この人のことをもっと知りたい」と思える人を探す場所です。

だからこそ、女性にとって「会社での評価」は、婚活の場ではそこまで重要ではないんです。

ですが、どうしても「婚活で自分の仕事ぶりをアピールしたい!」「会社でどれだけ評価されているか知ってもらいたい」という想いは、男性には少なからずあると思います。

もし、どうしてもアピールしたいというのであれば、簡単な方法があります。

それは、結婚相談所に登録することです。

会社での立場や評価を「あなたが自分でアピールする」のは控えたほうがいいですが、担当の仲人、カウンセラーにアピールしてもらうのは何も問題ありません。

むしろ、仕事ぶりをアピールしないよりも成婚率が高まる場合があります。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

「◯◯さんは職場最年少の部長候補であり、上司からも将来を期待されている人です。
経済力があり、またしっかり貯蓄されているところに頼もしさを感じます。」

あくまで一例ですが、このように仲人・カウンセラーがあなたを「こんなに優秀なんですよ!」と紹介するのは、自慢には聞こえてきません。

ですので、あなたが「アピールしてほしい。だけど自慢っぽく聞こえてしまう」部分については、担当仲人・カウンセラーにアピールしてもらいましょう。

そうすれば、あなたの「社会的評価」も一つの魅力として受け入れてもらうことができますから。

一人で活動する【婚活アプリ】や【婚活パーティー】とは違い、結婚相談所は仲人、カウンセラーとの「チーム戦」です。
あなたがアピールしづらいことでも、カウンセラーがいうと「自慢」ではなく「事実」としてポジティブに受け入れてもらえます。

»婚活男性の服装【コツ5個】

婚活男性の服装コツ5個をこちらの記事で紹介しています。

婚活中の会話には「謙虚さ」が必要です【STEP3】

婚活で「会話がつまらない」と女性から言われる「自慢話」も、仲人、カウンセラーが言えばポジティブなイメージに変わると解説しました。

では、婚活パーティーで「仕事の評価」をポジティブなイメージに変える方法はあるのでしょうか?

答えは「イエス」です。

むしろ、正しい方法でアピールすれば、お相手からはよりポジティブなイメージを持ってもらえます。

それに、婚活では使えるカードはすべて使い、すこしでも異性に「気になる」と思ってもらうことが重要です。

その1、その2とは真逆の答えに聞こえるかもしれませんが、あなたの「社会的評価」がお相手を惹きつける魅力的なモノなのであれば、ぜひアピールした方がいい。

「謙遜」する必要なんて、まったくありません。

だって、あなたの「社会的評価」は、あなたがこれまで努力して積み上げてきたものですよね? それを否定してしまっては、あなたの努力そのものを否定することになります。

ですが、それを自分でアピールするのは逆効果になります。

「謙遜」する必要はありませんが、姿勢は「謙虚」であるべきです。

そのために大切なのは、以下の2点です。

☑つまらない会話・話題を自分からはしない

婚活で「会話がつまらない」と女性から言われる原因は、自分から「◯◯って会社知ってる?」「最年少のプロジェクトリーダーなんだよね」なんてアピールするからです。

そんなことをすれば、婚活パーティーだけでなく、お見合いでもお相手から「自慢話ばかりの会話がつまらない男」だと受け取られます。

そうならないために大切なのは、自分から積極的にアピールしないことです。

お相手から「仕事」「会社」などの話題をふられたときに、さり気なくアピールしましょう。

例文としては、たとえばですがこんな感じです。

Aさんの仕事って、土日休みなんですか?

はい、基本は土日と祝日が休みですよ。 
今は新しいプロジェクトを任されているので、ちょっと休みが不安定ですけどね。

婚活で「会話がつまらない」と女性から言われる話題でも、こんなふうに、お相手への返答にプラスアルファで付け加えるように話せば「つまらない男」だとは思われません。

はじめは難しいですが、2〜3回家で練習すればこたえられるようになりますので、ぜひ試してみてください。

☑仲人、カウンセラーにアピールしてもらう

婚活で「会話がつまらない」と女性から言われる「自慢話」ですが、仲人・カウンセラーが言えばそれはポジティブなイメージとして受け取られます。

自分でアピールすると「自慢話」と受け取られてしまうことでも、仲人・カウンセラーに「◯◯さんはすごい人ですよ」と紹介してもらえばいいんです。

結婚相談所での婚活はチーム戦です。

あなたが自分でアピールしづらいことは、仲人、カウンセラーに代わりにアピールしてもらいましょう。

そうすれば、あなたの「職場での評価」は、あなたの印象をよりポジティブなものにしてくれます。

婚活パーティー、お見合いでは「謙虚」な姿勢が大切なんですね。

男性にとって、せっかく仕事を頑張ってきたのに、それを婚活でアピールできないなんて面白くないですから。
「謙虚」な姿勢がお相手に伝われば、どんな「自慢」もポジティブに受け取ってもらえますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました