婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

この記事は約10分で読めます。
婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

せっかく婚活をはじめたのに、マッチングせずに一度もデートできない…。どうすれば異性とマッチングすることができるのか知りたい。

今回は、こんな悩みにおこたえしますね。

この記事を読むとわかること

・プロフィール文章、写真の見直しポイント

・婚活の成功率をあげる【3:7の法則】

・婚活で異性に存在をアピールする方法

・マッチング希望の欄にチェックする際の注意点

せっかく婚活をはじめたのに、異性とマッチングせず連絡先交換すらできない…。

そんな経験をしてしまうと、わくわく感でいっぱいだった気持ちも萎んでしまいますよね。

婚活男性のお見合い、デートの申し込みが失敗してしまう原因は、主に3つあります。

失敗してしまう3つの原因を解決しておかないと

この人とは連絡先交換したくないな…。

お見合い申し込みがきたけど…。この人とはちょっとなぁ…。

連絡先交換の申し込みをしても拒否されてしまいますよ。

本記事は、そんな「異性とマッチングしない」「申し込みをしても拒否されてしまう」という男性向けの記事となっています。

早期成婚を目指したい!という人にオススメの記事となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

1.婚活でマッチングしない人へ【成功率アップの方法】

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

婚活でマッチングしない原因は、大きく3つあります。

マッチングしない原因

1.プロフィール文章、写真に問題がある

2.あなたの「夢・理想」をお相手に押し付けている

3.異性にあなたの存在をアピールできていない

マッチングしない原因の多くは、上で紹介した3つの点にあります。

なぜこの3つの点がマッチングしない原因なのか?

婚活では異性に「見てもらう」「気づいてもらう」ことがたいせつだから

反対に3つの点を解決できれば、あなたのマッチング成功率は大きくアップ

ここからは、マッチングの成功率をアップさせるための問題解決方法を紹介しますね。

1-1:プロフィール文章、写真に問題がある

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

婚活でマッチングしない原因1つ目は、プロフィール文章、写真に問題があること。

結論からいうと、プロフィールは「異性が見る」ことを前提として書いていなければ、それは婚活用プロフィールとは言えません。

なぜなら、プロフィール(自己PR)はあなたの第一印象を決めるものだからです。

プロフィール、自己PRは結婚相談所だけでなく、婚活サイト・アプリで活動する人にとっても重要です。

どんなに素敵で魅力的な人でも、プロフィールがダメではマッチングするのはむずかしいですよ。

「婚活をはじめたのに、なかなか異性とマッチングしない…」という人は、まずはプロフィールを見直すところからはじめましょう。

そうはいわれても、どうやって見直せばいいのかわからない…。

そんな人は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

1-2:あなたの「夢・理想」をお相手に押し付けている

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

婚活でマッチングしない原因2つ目は、お相手に自分の夢や理想を押しつけてしまっていること。

押し付けプロフィール例

・趣味を大切にしたいので、理解してくれる人がいい

・出張が多い仕事だから、家事が得意な人を希望します

・ギャンブル(パチンコ)をするので、理解してほしい

極端な例ですが、実際に結婚相談所でわたしが見たことがあるプロフィール文章です。

もちろん、「自分の趣味を大切にしたい」「仕事の都合がある」という気持ち、事情は人それぞれありますよね。

ですがプロフィールで大切なのは、異性があなたのプロフィールを見たときに「こういう人とは付き合えないな…」と思われてしまうかどうかです。

せっかくお金を払って婚活しているのに、自分の理想の相手と結婚できないなんてイヤだ!

そう思われている方もいるかと思います。

もちろん「生理的に合わない」「どうしても無理」という人と結婚しろとは言いません。

人間には「合う・合わない」相性がありますからね。

ですが、理想とするタイプの人があなたと相性が良いかどうかと言われれば、それはまた別問題

お見合いで良い返事がもらいたい【OK率アップのポイントを紹介】でも繰り返し書いていますが、婚活は「異性と出会うための場」です。

あなたにとっての「都合の良い異性を探す」「理想的な異性を探す」ための場ではありません。

お相手に理想を押し付けるのではなく、まずは「どうしても譲れない部分」のみ、マッチング欄にチェックするようにしましょう。

そうしてマッチングした異性とお見合いやデートを重ねていく中で、お相手の魅力を発見していく。

それが最もスムーズに、そして楽しみながら婚活をすすめていく方法ですよ。

☑3:7の法則

「3:7の法則」って、聞いたことはありますか?

これはわたしの運営する香川県の結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」が所属する、全国結婚事業者連盟のこれまでの成功事例から導き出した成婚率アップのメソッドです。

多くの成婚者が実践してきた方法なので、試すだけで効果があります。

やり方としてはすごくカンタンで

10人の異性にお見合いの申し込みをするなら、3人は「自分が理想とする異性」に申し込みをし、7人は「自分のことを理想とする異性」に申し込みをする

という、たったそれだけの方法です。

この方法の一番のメリットは、自分のことを客観視することができる点。

なぜ客観視することが、婚活、お見合いにとっていいことなのか?

それは自分のことを客観視する力が身に付くと、お見合いやデートの際に「お相手にアピールすべきポイント」が理解できるようになるから。

「どんな異性が、自分のようなタイプの人を理想とするのか?」を知ることによって、その後の婚活がスムーズになります。

自分の好きなタイプの人ばかりに申し込みをしていても、客観視する力は身に付きません。

「お見合いに行き詰っている」「婚活アプリ、サイトでなかなか成果がでない」という人は、ぜひ3:7の法則を試してみてくださいね。

1-3:異性にあなたの存在をアピールできていない

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

婚活でマッチングしない原因3つ目は、異性にあなたの存在をアピールできていないこと。

「え? 登録しているから、異性にアピールできているよ?」とお思いかもしれませんが…。

結婚相談所や婚活アプリ、サイトに登録しただけでは自分の存在をアピールしているとは言えません

ではどうすればいいのか? それは…

「いいね」機能などを使い、異性に「あなたに興味を持っている人がいるよ」と知らせることです。

「いいね」機能はTwitterなどのSNSだけの機能に思われがちですが、実は婚活アプリやサイト、結婚相談所にも似た機能があります。

たとえばですが、わたしの結婚相談所が使っているホームページの「いいね」は、下記の画像のようになっています。

「いいね」なし
「いいね」あり

画像のように「いいね」機能が押されると、押された人に「この人からいいねされたよ」と通知がいくようになっています。

結婚相談所や婚活アプリ、サイトによっては「いいね」機能以外にもあなたの存在を異性にアピールできる方法はあります。

ただ待っているだけで「異性からどんどん連絡が来る!」なんていうことは、とても稀なんです。

アピール機能を上手に使ってあなたという人がいることを異性に知ってもらう。

それがスムーズな婚活を助ける方法ですよ。

1-4:マッチングの注意点

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイントを紹介

最後にお見合いや婚活アプリ、サイトでのマッチングの注意点を紹介します。

マッチングの注意点

・出会いの幅を広げすぎてしまう

・生活圏外まで活動を広げてしまう

・プロフィールにウソ、誇大表現を含める

異性とマッチングせず婚活がすすまないからといって、マッチング条件を緩めすぎるのは危険です。

極端な例としては、マッチングの条件に「住んでいる県」と「性別」のみにチェックするなど。

これだとマッチングする異性の人数が多すぎて、お見合いやデートの申し込みをするのに時間がかかりすぎてしまいます。

時間がかかるだけならいいのですが…。

選択肢が多すぎると人は「選択のパラドックス」という状態になってしまいます。

「選択のパラドックス」とは、「選択肢が多ければ多いほど、人は悩み、選択ができなくなる。 または選択によって不幸な状態となる」行動心理学のこと

選択のパラドックスは「人生を左右するような選択」をする婚活の場では特に強くでます。

Aさんから申し込みがきたけど、Bさんもいいんだよなあ…。

今Aさんとお付き合いしているけど、もうちょっと待てばもっと良い人がでてくるんじゃ…。

選択の幅や地域を広げすぎてしまうと、どうしても「もっと良い人がでてくるんじゃ…」と悩み婚活がすすまなくなってしまいます。

そうならないためにも、せめて「たばこはOKかNG」や「お酒を飲むかどうか」「希望する年齢±10歳」など、譲れない部分にはチェックしておくようにしましょう。

プロフィールで嘘や誇大表現を書くのにも注意が必要です。

異性から申し込みがこないからといって、嘘や誇大表現はNGです。

なぜなら、結局はデートを重ねていくにつれてお相手にバレてしまうから。

「最初にいってたことと違うじゃない!」となり、お相手からの信用はガタ落ち

信頼関係が築けていないような状態では、その後の関係を長く続けることはむずかしくなってしまいます。

「ありのままの自分」をさらけ出す必要はありません。 ですが、嘘や誇大表現で異性を「騙す」ようなプロフィールにはならないよう注意が必要ですよ。

2.婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイント まとめ

婚活でマッチングしない人が改善すべき3つのポイント、まとめの画像

婚活でマッチングしない人が改善すべき、3つのポイントを紹介しました。

マッチング成功率アップまとめ

・プロフィールは見る人の事を考えて

・あなたのためだけの婚活ではない

・登録してからが婚活スタートです

・広く出会いを求めすぎるのはキケン

婚活でのマッチングは、その後の関係をすすめるための大切なスタートラインです。

ここで躓いてしまうと、その後の婚活をスムーズにすすめていくことはとてもむずかしくなります。

早期成婚を目指したい!という人は、デートやお見合いだけでなく、マッチングにも力を入れるべき

ただし、活動の幅を広げすぎてしまうのはNG。

出会いが多くなりすぎると、「だれがいいんだろう?」「本当にこの人でいいのかな?」と悩み、すすまなくなってしまいます。

絶対に譲れない部分にはチェックを入れておくことがベスト

せっかく「運命の出会い」をしたのに、デートを重ねると「なんでこんな人なんだろ…」と思うのはイヤですよね。

そうならないためにも、あなたの譲れない部分は必ずチェックしておくことをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました