お見合いが成功しない人へ【類似性の法則3ステップで成功を掴む】

この記事は約8分で読めます。

お見合いを何度やっても連絡先交換が成功しません・・・。どうやって成功させるのか、その秘訣、方法を知りたい。

今回は、このような悩みにおこたえしますね。

☑本記事の内容

1.お見合いが成功しない人へ【類似性の法則3ステップで成功を掴む】
 1−1:【成功STEP①】事前にプロフィールを確認 
 1−2:【成功STEP②】お相手との共通点をみつける
 1−3:【成功STEP③】共通点で会話を弾ませる

お見合いをしてもすごく成功率が低い・・・。
それに連絡先交換ができても真剣交際へすすめない・・・。

そんな人がお見合いを成功させるための秘訣「類似性の法則」を紹介します。

これを紹介することによって、お見合いで「成功しない」「真剣交際へすすめない」という人が、どんなポイントを意識すればいいのかを理解できます。

現在婚活カウンセラーとして、わたしが運営する結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」の入会者さんにおこなっているアドバイスですので、真似するだけでも効果があるはず。

「次のお見合いこそは成功させる!」「この人とは真剣交際へすすみたい」とかんがえている人におすすめの記事ですので、ぜひ最後までご覧ください。

1.お見合いが成功しない人へ【類似性の法則3ステップで成功を掴む】

お見合いが成功しない

「何度お見合いにいっても成功しない」婚活中そんな悩みをもった方は多いかと思います。

なぜお見合いに失敗してしまうのか?

それはお見合いの成功率は30%〜35%と、決して高くはないことが原因です。

今回は決して高いとはいえないお見合いの成功率を、すこしでも底上げすることができる「類似性の法則」についてと、そのお見合いでの活用方法3STEPを紹介します。

☑類似性の法則

類似性の法則とは人間の心理的現象で「自分と共通点が多い人や自分と見た目や中身が似ている人に対して親近感が湧き好感を抱きやすい」というものです。

「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、まさにそのとおり。

学校や職場で仲良くなる人たちは、どこか自分と共通点があったり、性格が似ていたりすることが多いかと思います。

この「どこか似ている」部分に人は親近感を抱き、相手に好感を持つというのが「類似性の法則」と呼ばれる心理現象です。

☑いちばんやさしい他人の心理学の本

ビジネスシーン、恋愛シーンで幅広くつかえる心理学を学ぶには、この1冊で十分。

「文字ばかりでは飽きてしまう」「絵がない本なんて無理」という人にもおすすめです。

こちらの本の150ページにも「類似性の法則」が紹介されています。

「恋愛・ビジネスでつかえる心理学を学びたい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

わたし個人としては【「草食系男子」「だめんず」にハマる女子】の項目が面白かったですね。

女性の心理的描写シーンは、婚活カウンセラーとしてとても参考になりました。

1−1:【成功STEP①】事前にプロフィールを確認 

お見合いを成功させる「類似性の法則」STEP①は、事前にプロフィールを確認することです。

「そんなの当たり前」「すでにやっている」と思われるでしょうが、それは「プロフィールをただ読んでいるだけ」です。

なんとなく読むだけでは、類似性の法則を最大化させることはできません。

類似性の法則を最大化させるためのポイントは、お相手のことを「想像しながら読む」ことです。

☑想像しながら読む

「想像しながら読む」とは、イコール「連想ゲーム」をしながらプロフィールを読むことです。

別記事【人を操る禁断の文章術】婚活で異性にアピールする3ステップ文章術で紹介したプロフィールを参考に、どのような人物か「連想ゲーム」してみましょう。

初めまして。 プロフィールを読んでくださり、ありがとうございます。

昨年彼女と別れてから一人だったのですが「そろそろ将来を真剣に考えないとな」と思い婚活をはじめました。

わたしの性格ですが、友人からはよく「真面目な性格だよね」なんていわれます。

学生のころからスポーツをやっていて、今でも休日は晴れた日はジョギングで汗を流してます。

趣味は旅行と美味しいものを食べること。
特に韓国料理好きで、辛いものを「ヒーヒー」いいながら食べるのがたまらないんですよね(笑)

結婚後は家族で旅行へ行ったり、美味しいと評判のお店巡りをしたいなぁって思ってます。

家事は奥さんばっかりに任せず、自分も積極的にかかわっていきたいタイプです。
お皿洗いは任せてください! 料理はちょっと苦手なので・・・。

普段からお互い何でも言い合える、笑顔のたえない家庭にしたいです。
よろしくお願いします。

プロフィールを読んで、どのような人物だと連想できますか?

プロフィールの「スポーツをしていた」の部分だけで「運動部だった」「大会に出場」「球技だった」「水泳部だった」「地域クラブに所属していた」「家族も運動が好き」など、かなりの連想ができます。

お見合いで「類似性の法則」を最大化させるためには、まずはプロフィールからどんな人物か想像することがたいせつです。

お相手のプロフィールを「読むだけ」では「共通点」は見つけられません。内容から想像することがポイントです。

1−2:【成功STEP②】お相手との共通点をみつける

お見合いを成功させる「類似性の法則」STEP②は、お相手との共通点をみつけることです。

「共通点なんてどうやってみつけるの?」と思われるでしょうが、STEP①をクリアしたあなたならみつけるのは簡単。

なぜなら共通点をみつけるカギは、お相手のプロフィールに隠されていますから。

☑共通点のみつけ方

たとえばですが、STEP①プロフィールの「スポーツをしていた」の部分をみてみましょう。

「運動部だった」「大会に出場」「球技だった」「水泳部だった」「地域クラブに所属していた」「家族も運動が好き」など、この1ワードからいろいろな「人物像」が想像できます。

お相手との共通点は、この想像した内容からみつけてください。

あなたが「運動部に所属していた」のなら、お相手とは「学生時代の運動部に所属していた」という共通点があります。

あなたの「家族がスポーツをしている」のなら、お相手とは「家族がスポーツをしている」という共通点があります。

お見合いで「類似性の法則」を最大化させるためには、プロフィールからどれだけ多くの「共通点」をみつけられるかがカギです。

想像したお相手の人物像から、1つでも多くの「共通点」をみつけられるかがポイントです。

1−3:【成功STEP③】共通点で会話を弾ませる

お見合いを成功させる「類似性の法則」最後のSTEP③は、共通点で会話を弾ませることです。

これまでSTEP①・②で「共通点のみつけ方」を紹介してきました。

ですがSTEP①・②でみつけた「共通点」は、あくまで「プロフィールから想像した共通点」です。

最後のSTEP③では会話のなかから、お相手との「共通点」の探し方を紹介します。

☑会話からの共通点の探し方

結論からいうと、会話での「共通点」は自己開示(セルフディスクロージャー)することでみつけることができます。

自己開示とは、簡単にいうとお相手に「自分の情報を伝える」こと。

そしてこのとき伝えるべき「自分の情報」とは、プロフィールから想像したあなたとお相手との「共通点」です。

上のプロフィールを例として、たとえばですがこんな感じです。

プロフィールに「学生時代スポーツをやっていた」とありましたけど、部活はなんだったんですか?

部活は陸上部でした。 短距離で全国大会にもでたことあるんですよ。

えぇっ、わたしも陸上部だったんです! 一緒ですね♪

このように、事前にお相手との「共通点」を想像し準備しておくことでスムーズな会話ができます。

類似性の法則は「共通点」が多い人ほど親近感がわくという心理現象ですので、お相手と似ている部分を会話のなかでできるだけ探します。

ですが「共通点」をみつけながら話すというのは、わたしのような婚活カウンセラーでもかなりむずかしいです。

なので「質問する内容」を事前にかんがえておき、スムーズにお相手との「共通点」をみつけることがたいせつですよ。

ぶっつけ本番はお見合いの成功率を下げる原因になります。
事前にプロフィールから「共通点」を想像して準備しておくことが成功のポイントですよ。

2.お見合いが成功しない人へ【類似性の法則3ステップで成功を掴む】 まとめ

お見合いが成功しない人へ【類似性の法則3ステップで成功を掴む】

お見合いを成功させる「類似性の法則」を紹介しました。

お相手のプロフィールを「読むだけ」では「共通点」は見つけられません。内容から想像することがポイントです。

想像したお相手の人物像から、1つでも多くの「共通点」をみつけられるかがポイントです。

ぶっつけ本番はお見合いの成功率を下げる原因になります。
事前にプロフィールから「共通点」を想像して準備しておくことが成功のポイントですよ。

お見合いの成功率を上げるポイントは、1つでも多くお相手から「一緒ですね!」の言葉を引きだすこと。

お相手との「類似点」が多ければ多いほど、お見合いでは有利になります。

そうはいっても話しながら「類似点」を探すのは困難。

なのでお相手の「プロフィール」を事前にしっかりチェックし、お見合い本番のために準備しておく。

それがあなたの成功率を上げるたいせつなポイントですよ。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました