婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】

この記事は約8分で読めます。

お見合い、連絡先交換につながる婚活プロフィールの書き方が知りたいです。どんな風に書けば、異性が「この人とお見合いしたい」と思ってもらえる文章になりますか?

今回は、このような悩みにおこたえいしますね。

☑本記事の内容

1.婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】
 1-1:【婚活プロフィール書き方】文字数は400~500文字
 1-2:【婚活プロフィール書き方】プロフィールには感情をこめる
 1-3:【婚活プロフィール書き方】あれこれ書かない
 1-4:【婚活プロフィール書き方】過去~現在~未来の順に書く
 1-5:【婚活プロフィール書き方】感謝の言葉を添える

婚活プロフィールの書き方5つのコツを紹介します。

これを紹介することによって結婚相談所、婚活アプリのプロフィールを「どう書けばいいのか?」「異性に読んでもらえるプロフィールの書き方がわからない」という悩みの解決方法を理解できます。

現在婚活カウンセラーとして、わたしが運営している結婚相談所「ブライダルサロン 縁樹」の入会者さんにおこなっているアドバイスなので、真似するだけでも効果があるはず。

「プロフィールの書き方がわからない」「お見合い、連絡先好感を申し込まれるプロフィールが書きたい」という人は、ぜひ最後までご覧ください。

今回はお笑いコンビ【キングコング】西野亮廣さんの著書「革命のファンファーレ」を読んだわたしが、婚活で「これはプロフィールの参考になる!」と感じた内容を一部参考にしながら、異性に読まれる婚活プロフィールの書き方を紹介していきますね。

1.婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】

婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】

婚活プロフィールの書き方5つのコツを紹介します。

結論からいうと、婚活プロフィールでたいせつなのは「伝わること」ではなく「行動させること」です。

上手なプロフィールでも、あなたに「お見合いを申し込もう」「連絡先交換をしよう」と異性に行動させられない文章はダメ🆖です。

☑革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜

人が行動するときの動機は常に「確認作業」

この1文を読んで、わたしはこれまで入会者さんにアドバイスしてきた「プロフィールの書き方」が間違いであったと気づいた。

本書は西野亮廣さんが絵本「えんとつ町のプペル」を出版するまでの過程と、既成概念を破壊する新しいチャレンジの内容が書かれている。

これだけを聞くと多くの方は婚活にはまったくつかえない、ビジネス向けの本だと思われるだろう。

ですがわたしは違いました。

「どんなに上手なプロフィールを書いても、お見合いを申し込んでもらえなければ意味がない」

本書を読んで、この点に気づきました。

今回の記事は本書の内容に一部ふれつつ、異性がお見合いを申し込んでくるプロフィールの書き方を紹介します。

1-1:【婚活プロフィール書き方】文字数は400~500文字

婚活プロフィールの書き方のコツ1つめは、文字数は400~500文字で書くようにすることです。

なぜ400〜500文字で書くべきなのか?

それは、最近の婚活プロフィールはスマホ画面で読まれることが多いからです。

☑読むストレスを減らす

色々書きたいことがあるのはわかりますが、がっついてスクロールするほどの文章はダメ🆖です。

なぜなら長い文章は読み手にストレスを与えるから。

簡潔明瞭にまとめてあるからこそ、異性は「読む気」になります。

読む気をなくす長ったらしい文章では、異性を「行動させる」ことはできません。

スマホ画面でスクロールしなくても読める400〜500字の範囲でおさめるのがベストですよ。

文字数は400~500文字で、スマホ画面におさまるようにしましょう。

1-2:【婚活プロフィール書き方】プロフィールには感情をこめる

婚活プロフィールの書き方のコツ2つめは、プロフィールには感情をこめることです。

なぜ感情をこめたプロフィール文章を書くべきなのか?

それは、人は【論理】ではなく【感情】で動く生き物だからです。

☑「です」「ます」ばかりの文章はNG

ていねいな文章を意識するあまり、異性に「まるでセールスメールみたい・・・」と思わせる文章はダメ🆖です。

ポイントとしては「友人・知人に話しかけるような文章」であるほうが異性に親近感を覚えてもらえます。

親近感を覚える文章であればあるほど、異性は「この人ってどんな人だろう?」と想像力をはたらかせる。

想像する→気になる→知りたい!へつなげることがたいせつなんです。

なのでていねいな文章にするのではなく、すこしくずしたあなたの感情が伝わる文章がベストですよ。

プロフィールには感情をこめて、異性に親近感を持ってもらうような文章を意識しましょう。

1-3:【婚活プロフィール書き方】あれこれ書かない

婚活プロフィールの書き方のコツ3つめは、あれこれ書かないことです。

その1でも書きましたが、がっついてあれもこれもと書いてしまうのはプロフィールではダメ🆖です。

読む気をなくす長いプロフィールでは、異性を行動させることはできません。

☑1つにしぼる

たとえ【趣味】が3つあったとしても、プロフィールに書く【趣味】は1つで十分。

「あれも言いたい」「これも言いたい」では結局なにがいいたいのかわからなくなる。

1つにしぼって簡潔に書くことで、異性には「この人ってこういう趣味を持っているんだな」と理解してもらえる。

想像する→気になる→知りたいへつなげることがたいせつなんです。

異性の想像力を刺激するためにも、あれこれ書かず伝えたいことをはっきりさせるのがベストですよ。

あれこれ書かず、要点をしぼって書くことがたいせつです。

1-4:【婚活プロフィール書き方】過去~現在~未来の順に書く

婚活プロフィールの書き方のコツ4つめは、過去~現在~未来の順に書くことです。

なぜこの順番で書くことがベストなのか?

それは、プロフィールを読んだ異性があなたを「イメージしやすい」からです。

☑イメージしやすい書き方

プロフィールを読んだ最初の一文で「わたしと一緒に幸せな家庭を築きませんか?」と書かれていたら、あなたはどう感じますか?

プロフィールとしてのインパクトは抜群かと思います。

ですが、奇をてらったインパクトはプロフィールには不要。

きちんと順序だててあなたのことを説明することがたいせつです。

そのためには、過去→現在→未来の順番で書くことがベストなんですよ。

過去~現在~未来の順に書くことで、異性はあなたのことを想像しやすくなりますよ。

1-5:【婚活プロフィール書き方】感謝の言葉を添える

婚活プロフィールの書き方のコツ5つめは、感謝の言葉を添えるです。

なぜプロフィールには感謝の言葉を添えるべきなのか?

それは異性に「誠実さ」を伝えるためです。

☑あいさつと感謝で「誠実さ」をつたえる

会社や学校で「おはよう!」と元気よくあいさつしてくる人には、多くの方が好感を覚えますよね。

おなじく「ありがとう!」といってくれる人には、その後も気持ちよく接することができます。

それは婚活プロフィールでもおなじです。

文章の最初と最後に「はじめまして」「プロフィールを読んでくれてありがとう」と書かれているだけで、あなたの誠実さは異性に伝わります。

あなたの誠実さを異性に伝えるためにも、プロフィールの最初と最後にはあいさつと感謝の言葉を添えることがベストです。

プロフィールの最初と最後に感謝の言葉を添えることで、あなたの誠実さを伝えることができますよ。

2.婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】 まとめ

婚活プロフィールの書き方コツ5つ【革命のファンファーレから学ぶ】 

婚活プロフィールの書き方、5つのコツを紹介しました。

最後にまとめとしまして、これまで紹介してきた「5つの書き方」をもとに書いたわたしのプロフィールがこちらです。

初めまして。プロフィールをみてくれてありがとうございます。

仕事は婚活カウンセラーとして結婚相談所を運営しています。人と話すのが好きで、いろいろなお客さんと話すのが楽しくやりがいを感じています。

趣味は読書で、大学のころダン・ブラウン著【天使と悪魔】(映画にもなってます!)を読んでから本にドハマり。それから10年以上、年間で200冊以上の本を読むようになりました。

性格は落ち着いていると思います。めったなことでは怒るようなこともなく、10年来の友人には「年齢以上に物静かな性格」だとよくいわれます。でも怒らなすぎて、食事の場ではいじられキャラになっているのが最近の悩み(笑)

小さな喜びを共有しあえる、幸せな家庭を築くのが夢です。

登録したばかりで不慣れな点もありますが、いい出会いがあればと思っています。

よろしくお願いします。

これだけしっかり伝わる文章でも、全部で373文字しかつかっていません。

文字数は400~500文字で、スマホ画面におさまるようにしましょう。

プロフィールには感情をこめて、異性に親近感を持ってもらうような文章を意識しましょう。

あれこれ書かず、要点をしぼって書くことがたいせつです。

過去~現在~未来の順に書くことで、異性はあなたのことを想像しやすくなりますよ。

プロフィールの最初と最後に感謝の言葉を添えることで、あなたの誠実さを伝えることができますよ。

この5つのポイントをおさえることで、異性はあなたのプロフィールをみて「どんな人なんだろう?」と、実際に会って確認したくなります。

確認したい、知りたいと思われるプロフィールでなければ、次の行動にはつながりません。

今回の記事を読んで、今一度婚活アプリ、結婚相談所のプロフィール見直しをしてみてくださいね。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました